ファシジンの基礎知識|感染症治療薬ファシジンの効果・服用方法・副作用

ファシジンとは
ファシジンとは、ファイザー社によって開発された感染症治療薬ハイシジンのジェネリック医薬品です。ファシジンはトリコモナス症の治療薬としてよく周知されています。他には、ファシジンは原虫、偏性嫌気性菌、嫌気性バクテリアに対して抗菌効果もありますから、多くの人に愛用されています。

ファシジンの成分と効果
ファシジンの成分と効果というと、ファシジンに含まれている成分はチニダゾールです。チニダゾールは、微生物のDNAの二重鎖を切断することで原虫や細菌の増殖と働きを抑制することができます。それで、トリコモナス原虫で引き起こされる膣トリコモナスに優れた治療効果があります。また、ファシジンは嫌気性菌などによる細菌性の腟症にも有効だと証明されています。

感染症になると、自然的に治ることができません。もしそのまま放置すると、重篤化になりやすいです。また、ファシジンは強力な殺虫と殺菌効果を持つために、膣炎や尿道炎、更に性感染症に悩んでいる男女たちはぜひファシジンを試してください。

ファシジンの服用方法
ファシジンの服用方法について、一般的に食後に一回2000mgを水で服用します。また、個人の体質や症状によって用量が異なっていますが、例えば、1回200mgを1日2回で、一週間の服用を続けることもあれば、以上のように一回2000mgの服用方法もあります。それで、医師の指示に従って、ファシジンを服用することが大切です。

1度の服用が終わったら、必ず検査を受けてください。トリコモナスの場合、もしトリコモナスが検出された場合、前回の服用に1週間前後の間隔を空けて再びトリコモナスを服用してください。また、ファシジンを服用している間、アルコールとの併用は禁止ですから、注意してください。他には、過敏体質の人、他の病気を持っている人、幼児や妊娠中の人はファシジンを服用する前に、お医者さんと相談してください。

ファシジンの副作用
ファシジンの副作用は少ないと言われています。一般的に、胃に起こる不快感、腹痛や下痢、食欲不振、吐き気、頭痛、倦怠感や眠気などの症状が報告されています。正しい服用方法を守ったら、それらの副作用はファシジンの効果が現れてくるとともに、だんだん消えることができますから、そんなに心配する必要はありません。

しかし、個人差がありますから、使用中、副作用がひどく起こることや、効果がなかなか出ないこともあるかもしれませんから、そういう場合、早めに医師と連絡してください。

オススメ:

カンジダ・トリコモナス治療薬通販|性感染症 - 薬友